セレック制作工程

旧補綴物除去

修復方法の選択

近心舌側咬頭下に“う触”を認め、感染菌質除去後の欠損が大きくなる事が予想された。
その為セレック・インレー修復を選択。

窩洞再形成

感染菌質除去後の形成

フロアブルレジンによるアンダーカットの埋め立て及び窩洞内面のライニングを行った。

read more… »